>  > CP80 シエンタ サスペンションキット / (車高調整式)【テイン】シエンタ NCP81G STREET BASIS マウントレス

TOYOTIRES トーヨー プロクセス CF2 PROXES サマータイヤ 205/45R17 HotStuff プレシャスアストM2 4本 ホイールセット 17インチ 17 X 6.5 +45 4穴 100 | トップページ | イスラームのガラス  ゴブレット  ルーブルから  ⑥ »

CP80 サスペンションキット / シエンタ マウントレス CP80 (車高調整式)【テイン】シエンタ NCP81G BASIS STREET シエンタ

ガラス容器は紀元前16世紀頃、
ミタンニ領シリアや北メソポタミアにはじまり クスコ ツインメタルクラッチ [ランサーエボリューション10 CZ4A 5MT車専用] CUSCO 強化クラッチ 代引手数料無料&送料無料、
エジプト・アッシリア・バビロニアに到達するのは紀元前15世紀頃だという。

古代のガラスの製造はモザイク技法とコア技法。

モザイク・ガラスは
数種類のガラス棒を束ねたりくっつけたりしたのを細くして輪切りにしたのをモザイクの単位として作る。
これを集めて板を作り熱した伏碗型の上にのせて成形したもの。

古代エジプトを通じて圧倒的に多かったのはコア・ガラス。
コアとは核となる芯の事。
金属棒などを芯にして耐火粘土で中型を作り、中型の周りに柔らかく熱した色ガラスをひも状にしてまきつけ、表面を棒で引っ掻いたりして模様を作り、冷ましてから金属棒と粘土を取り除いて作る。

もっとも古い例はトトメス1世の墓からのガラスの断片で、ミタンニからの輸入品だと思われ、トトメス3世の時代に王銘入りのガラス容器が造られている。

トトメス3世はメギド、カデシュ、フェニキア、アレッポ、カルケミシュなどの戦いに勝利し、その時にガラス職人が連れてこられ、エジプトに工房が生まれたのだろうという。

新王国時代のガラス窯跡は18王朝にマルカタやアマルナに王の宮殿域内に、

19王朝以降はリシェトやメディナト・グラブなどに民間の居住区内に見つかっている。

(「古代ガラス」谷一尚 AVIS IMPREZA GC8 WR サイドステップ 2Dr用 塗装済み、塩田紘章より)

そして、コア・ガラスの製法はその後も細々と続いており、12~13世紀にリバイバルとして流行したのだという。
写真は12~13世紀の色ガラス。エジプトかシリア。

コア技法に加え、吹きガラスの技法も加わり TOYOTIRES トーヨー トランパス Lu2 TRANPATH ミニバン サマータイヤ 215/60R17 KYOHO 共豊 STEINER シュタイナー WX5 ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +48 5穴 114.3、不透明な色の紐を巻きつけ模様を加えたのちに膨らませている。ガラスの透明度を競い 送料無料 オリジナルフロアマット プレミアムデラックス HONDA ホンダ ODYSSEY オデッセイ 7人乗 H11/12~H15/10 車種別 カーマット 床 車 ポイント消化、薄さを重視している時代に、同時に鈍重ともいえる古代ガラスへの回帰が流行ったというのはとても面白い。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-57343