>  > 17インチエスティマ30、40系WEDS ウェッズスポーツ SA-20R ブルーライトクローム 7.5Jx17ZIEX ZE914F 215/55R17

【★送料無料】 サスペンションキット / (車高調整式)【シュピーゲル】WinnersRun (ウィナーズラン) 車高調整キット スズキ アルト/アルトワークス CR22S/CS22S | トップページ | イスラームのガラス  ゴブレット  ルーブルから  ⑥ »

17インチエスティマ30、40系WEDS ZE914F 7.5Jx17ZIEX 17インチエスティマ30、40系WEDS ZE914F SA-20R ブルーライトクローム 215/55R17 ウェッズスポーツ

ガラス容器は紀元前16世紀頃、
ミタンニ領シリアや北メソポタミアにはじまり 【受注生産】【アドミレイション/Admiration】 ステップワゴン 等にお勧め アルタモーダ シートカバー LUXURY ラグジュアリー・スクエア (SSPU×SSPU) 型式等:RK1 / RK2 品番:CS-HN052-A、
エジプト・アッシリア・バビロニアに到達するのは紀元前15世紀頃だという。

古代のガラスの製造はモザイク技法とコア技法。

モザイク・ガラスは
数種類のガラス棒を束ねたりくっつけたりしたのを細くして輪切りにしたのをモザイクの単位として作る。
これを集めて板を作り熱した伏碗型の上にのせて成形したもの。

古代エジプトを通じて圧倒的に多かったのはコア・ガラス。
コアとは核となる芯の事。
金属棒などを芯にして耐火粘土で中型を作り、中型の周りに柔らかく熱した色ガラスをひも状にしてまきつけ、表面を棒で引っ掻いたりして模様を作り、冷ましてから金属棒と粘土を取り除いて作る。

もっとも古い例はトトメス1世の墓からのガラスの断片で、ミタンニからの輸入品だと思われ、トトメス3世の時代に王銘入りのガラス容器が造られている。

トトメス3世はメギド、カデシュ、フェニキア、アレッポ、カルケミシュなどの戦いに勝利し、その時にガラス職人が連れてこられ、エジプトに工房が生まれたのだろうという。

新王国時代のガラス窯跡は18王朝にマルカタやアマルナに王の宮殿域内に、

19王朝以降はリシェトやメディナト・グラブなどに民間の居住区内に見つかっている。

(「古代ガラス」谷一尚 【関西、関東限定】取付サービス品18 クラウンアスリート ルーフスポイラー / ハッチスポイラー【バーンブレッヘン】18系CROWN 前期 Rear Roof Wing、塩田紘章より)

そして、コア・ガラスの製法はその後も細々と続いており、12~13世紀にリバイバルとして流行したのだという。
写真は12~13世紀の色ガラス。エジプトかシリア。

コア技法に加え、吹きガラスの技法も加わり サマータイヤ 185/55R15 82V ヨコハマ ブルーアース・エース AE50 スマック ヴァニッシュ 5.5-15 タイヤホイール4本セット、不透明な色の紐を巻きつけ模様を加えたのちに膨らませている。ガラスの透明度を競い 17インチインプレッサGH系 ハッチバック 17インチ装着車ENKEI パフォーマンスライン PF07 ダークシルバー 7.0Jx17ヨコハマ エコス ES31 205/50R17、薄さを重視している時代に、同時に鈍重ともいえる古代ガラスへの回帰が流行ったというのはとても面白い。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-57343